霧のエンゲン

 最近は本格的に寒くなって、まだ雪は積もらないものの気温が零下になることは多いようで、以前Opfingenからお伝えしたような「樹氷」がエンゲンでも見られるようになりました。日常茶飯事です。また近いうちに、樹氷写真集でもやれるかもしれませんね。
-> 関連記事/Opfingenの樹氷

 ちなみに下の写真は、窓から見た外の様子。霧と氷で真っ白です。線路の電線も凍ってしまって、列車が走るとスパーク(火花放電)しちゃってます。毎晩毎晩、雷のように青白い光が部屋の中まで届いて、綺麗だったり眩しかったり。

夜明けの写真。青白いスパークの点線が良く見えますね。
※写真は Photos にも追加していきまーす。

ドイツ

Posted by Hikologue